魚焼きグリルの手入れの仕方について

魚焼きグリルを汚さないように使う

まず大前提として魚焼きグリルの耐用年数を縮める大きな原因が汚れや焦げです。
つまるところ汚れが付かなければ必然的に劣化はしにくくなります。
最も手っ取り早く効果的なのは汚れやすい網や受け皿の上にアルミホイルなどを敷いて食材や食材から出る油脂分を魚焼きグリルに直接触れないようにする方法です。
また、グリル用のプレートを使う方法もおススメです。グリル用のプレートはアルミホイルに比べてくっつきにくく、蓋をすることで匂いもつきにくくなり、油跳ねも防げるのでグリル内部をほとんど汚すことなく使えるという利点があります。
普通に焼くよりも焼きムラが少なく、内部まで火を通しやすいので単純に調理の観点から見ても利便性が高い方法と言えるでしょう。

魚焼きグリルの汚れを除去する

いくら汚れが付かないように魚焼きグリルを使っても使っている限りは完全に汚れをゼロにすることはできません。
定期的に掃除をして汚れを落とす必要があります。
とはいえ、魚焼きグリル内部の汚れは頑固でなかなか落ちにくいのも事実です。
また、場所が場所なだけに洗剤が使いにくいというのも手入れの難しさに拍車をかけています。
コツとしては水で洗うのではなくぬるま湯を使うことと、重曹を溶かしておくと油汚れや焦げも落としやすくなるのでおススメです。
重曹はぬるま湯1リットルに対して大さじ3杯くらいが目安で、スポンジやクッキングペーパーなどの金属部分を傷つけないような柔らかい素材を使ってじっくりと拭き取るように汚れを落としていくと良いでしょう。